建物概要
木造2階建て(在来工法)
駐車場部分鉄筋コンクリート
 
家創りの様子をご紹介しています。


     

敷地状況


   
敷地に手を加えてない時点の写真です。
敷地形状はほぼ正方形で、なだらかな山を造成し700〜800戸の住宅が密集した住宅地の頂上付近にあります。
南と東側に道路がある角地で、近くにはため池があり、ため池の周囲に自生している木々が住宅地であることを忘れさせてくれる環境をつくりだしています。
用途地域も、第一種低層住居専用地域でありとても静かで、のんびりと楽しみながら暮らせる環境です。

地鎮祭


      

8月22日に地鎮祭が厳かに行われました。
猛暑のなか皆で協力して神主さんが持ってこられた祭壇を組立て、地鎮祭が始まる時には皆汗だくで、タオルで汗を拭きながらの地鎮祭になりました。

この写真はオーナーさんが玉串奉納されているときのものです。
地鎮祭が終わって、オーナー宅でご馳走になり、これからの施工工程等の打合せをしました。

お伺いする度に美味しい料理をご馳走になり大変感謝しています。
特に、ご主人が釣上げた「あまご」は絶品です。

敷地整理状況


      
敷地の草も刈られ、敷地の状況が変化し始めました。
大きなマツノキが切り倒されていきます。
      
敷地全体が見渡せるようになりました。
これは南東方向からの写真です。
この右側の写真の人がマツノキを倒した人です。
(計画したのは私なのですが・・・)
マツノキさんごめんなさい!

この時期大工さんは、建物の柱・梁等を工場で加工しています。

基礎根切


     
敷地に基礎ラインを石灰で印をして、基礎が造られる部分を掘っています。
(これらは基礎屋さんの仕事となります。)
     
掘った土が山のように積み上げられ、徐々に基礎部分が形づくられて行きます。
この時期は、まるで遺跡発掘現場のような状況です。
さらにこの時期は、周辺道路が泥だらけになり、綺麗に掃除はしますが、ご近所さんにもご迷惑をおかけする時期です。

基礎工事


      
基礎部分が掘り終わり、コンクリートの基礎を施工しますが、土の上にいきなり基礎を造るのではなく、基礎を乗せる為の地業をします。
地業の上に5p程度のコンクリートを打設しそこに基礎位置を正確に出します。
     
この建物は布基礎で計画しており、上の写真は布基礎のベースになる部分です。
その中から、基礎立上がり部分と連結する鉄筋が見えています。
          
ベースの上に布基礎の立上がり部分を形成する為の型枠を組立て、その中にコンクリートを流し込みます。
左:コンクリート打設前
中:コンクリート打設後
右:養生中
     
型枠を外した状態の基礎です。
          
床下からの湿気等を防ぐ為にこの建物は床下全てにコンクリートを打設しています。
コンクリートポンプ車のホースを担いでコンクリートを流しています。
最近では、この上に墨を敷き詰めたりもします。
炎天下の作業なので職人さんも疲れ果ててイップク中。

駐車場部分


     
南側道路に面したこの部分が駐車場になります。
建物の基礎の時と同じように地業をし、コンクリートを出設した写真です。(左)
その上に駐車場の床となる部分を造ります。
車が乗るので、床のコンクリートが割れないように鉄筋を入れています。
     
床が完成しました。壁のコンクリートと連結する為に写真では解りにくいのですが、床のコンクリートから垂直に鉄筋が出ています。
ご近所の小学生は何が出来るのか解っているのかなぁ?
とりあえず記念写真。カシャ!
     
駐車場の内壁の型枠を立ててるところです。
右側に出入り口も見えています。
(これは型枠屋さんの仕事です。)
     
内壁が出来たら鉄筋を縦・横に入れ、コンクリートの厚みを確保し外壁も立てていきます。
右側の写真が、型枠完成しコンクリート打設前の状態です。
駐車場部分にコンクリートを打設しています。

土台敷込み


現場に大工さん登場!
建物の基礎の上に土台を敷いた写真です。
土台はアンカーボルトで締結していきます。この上に柱が立ってきます。

ここでオーナーの奥さんの作品紹介コーナー


             

オーナーさんはご夫婦共美術関係の仕事をされてまして、
これは奥さんの作品です。
建設中建物の洗面器も制作中です。

次のページは、建物が上空に立ち上がっていく様子を紹介しています。