岸和田「B.I」 Report



「B.I」オーナーさんとの出会いのきっかけは住宅メーカーとオーナーさんの出会いに始まります。
なぜ住宅メーカーとの出会いが私と結びついたのか?

当初、住宅メーカーで建築を考えられており、展示場・オープンハウスにも足を運び、計画もかなりの段階まで進んでいたと聞いています。
しかし、展示場を見れば見るほど、あるいは計画が進むにつれて、
これが自分達家族の住みたい家では無いのでは?と感じられていたようです。
週末毎に展示場巡りをし、本来の目的を失われていたのかも知れませんね。

ちょうどその頃にも、住宅メーカーからオープンハウスの案内があり、出かけて行かれ、
その場所が以前にオーナーの娘さんが通学途中に「変わった家があるよっ」と言ってたその建物のご近所だったらしいのです。

その家が、私が設計させて頂き完成間もない
「C2O3N」でした。
そこで、せっかく近くに来たのだから見せてもらおうかという事になり、

玄関のインターフォンを「ピィ〜ンポ〜ン」

これが、私と
「B.I」オーナーさんとの出会いです。
 
住宅メーカーに依頼する、設計事務所に依頼する、様々な選択肢があり、
どこに依頼されたとしても人それぞれ価値観が違うわけですから間違ってはないと思います。

しかしそこで大切なのが、流されてしまって自分を見失わない事であり、この家と共生出来るかという事だと思います。

自分自身を分析する作業は当然設計時点から既に始まっており、
施工中においては敷地に自生している草を刈る作業から職人さんの汗が流され、
その作業自体も家造りの一歩として大切な事だと考え、どう関わっていくか。

最近、住宅は商品のように販売され家造りに関わりをほとんど持たないまま生活開始するケースが多いようで、
一見便利なように感じられます。

しかし私は、これから40年・50年と生活を共にする家造りの全ての段階において参加して頂き、
その過程で様々な人々と関わり、そして楽しんで頂きたいのです。

家には内部と外部を仕切る為に屋根・壁はありますが、
広い意味では、人と人・地域とのコミュニケーションを得る為に重要な役割を持ってると思います。
 
岸和田「B.I」レポートでは、
工事現場は見た事はあるけど、どのような過程で家が出来上がって行くのか見た事の無い方の為に

「B.I」
の現場の進行状況を紹介することにより家造りの雰囲気をあじわってもらうのが目的です
 

では、ごゆっくり「BI」家創りをお楽しみ下さい。