建物概要
木造2階建て(在来工法)
駐車場部分鉄筋コンクリート
  
家創りの様子をご紹介しています。

上棟

    
上棟の朝

仕事に取りかかる前に、厄払いの意味で日本酒を少しだけ飲みます。
(沢山飲んでしまうと、これから出てくる写真のようなところへは登れない事が解ると思います。)


前日に現場に運び込まれ、これから組上げられる材料達。

        
地上である程度組まれた状態で、レッカーにより壁が立ち上がっていきます。
その上を大工さんが歩いている様子です。
(乗ってる部分の幅は10cm程度)
        
10人ほどの大工さん達は自分の役割を認識されており、
工程上一切無駄な動きがありません。
            
午前中の早い時間に1階部分は組みあがり、
2階部分の作業状況です。
左の写真中、空に向かって伸びている柱が通し柱です。
かなりの数の通し柱を使用しています。
オーナーさん夫婦の記念ショット!
        
この建物は荷重が掛かる部分とR屋根に鉄骨を入れています。
鉄骨を吊上げているところです。
    
夕方近くにほぼ組みあがりました。
    
棟木に上棟の札を掲げた状態。
右の写真は、無事上棟出来た事と、これからの安全を願ってお払いをしている写真です。
(左から、私・オーナー・棟梁・工務店専務)

このあと現場で、オーナーさんに用意して頂いた料理で上棟を祝いご馳走になりました。
(お昼ご飯も、用意して頂き有難う御座いました。)


        
上棟後、最初に行われるのが屋根工事です。
(R屋根の工事状況)
    
       
    
    
屋根を仕上げている間に、外壁下地を張っていきます。
R屋根はガルバリューム鋼板縦ハゼ葺き、フラット屋根はルーフデッキ(ガルバリューム)で仕上げています。
それぞれの屋根下には窓が入り屋根を浮かした状態のたてものです。

次にこの時期の建物内部の様子を見てみましょう。
    
R屋根の内部の状態
右側部分が、R屋根の水下になり、上棟の時にクレーンで吊上げていた
鉄骨材です。
        
R屋根を1階リビングから見上げた状態。
リビングは吹き抜けになっていて、R屋根下がリビングの天井です。
(天井高さ約6.5M)
また、吹き抜けの中(リビング上部)をブリッジが通っており、
そのブリッジを通って各寝室に行くようなプランにしています。
    
左:ブリッジ底の見上げ。右:ブリッジからリビング見下ろし。
フラット屋根(ルーフデッキ)の内部側。
屋根と壁の間にサッシが入ります。
    
アトリエ内部。
柱等の下部に色がついている部分は、防腐防蟻処理施した部分です。
床下部分
この建物は洗面所、キッチン、WCの床下に墨を入れました。
1坪当り約50kgで計約200入れています。


完成予想図