1980年ウィーンで生まれ、28歳で生涯を閉じたエゴン・シーレを紹介します。


人なつっこさと冷やかな拒絶、自己顕示とどことない自信の欠如、
情緒性と装飾性といった相矛盾しあるいわ調和し難い要素が常に共存し、
それが作品の心理的不安定をもたらし、見る者に一種の不安感を与える。
これはひとつのの精神分裂的傾向といえるかもしれない。
この分裂的傾向は、社会的順応性に著しく欠けたシーレの人格に起因すると同時に
急速に進行する時代変化による虚飾と現実との矛盾にも影響が・・・。
エゴン・シーレ(1914)
参考文献:フランク・ウイットフォード著 「エゴン・シーレ」